スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ふぁる代  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

 映画「バクマン」


みてきました 映画 ドラマ大好きですがわざわざ見に行ったのは実は5年ぶりくらい、それくらい見たかったので、少年ジャンプを舞台に 新人漫画家が連載を勝ち取っていくお話しですが 

主人公に真城最高役に 佐藤健さん(熱の入った演技ではじけた高校生漫画家、うまいですね)
もう一人の主人公 高木秋人役に神木隆之介さん(最高をリードして漫画家へと導く役 大きくなったなーものすごくうまいですね)
最高の恋するヒロイン役亜豆美保役に 小松菜奈さん(やわらかい雰囲気がヒロイン役にぴったり)
サイコーとシュージンに敵対する天才漫画家新妻エイジ役に染谷翔太さん(戦いのシーンのカッコよさと執筆のシーンの気持ち悪さすてきでした)
新人漫画家福田新太役に桐谷健太さん(みんなの兄貴分みたいな役がぴったり)
新人漫画家平丸一也役に荒井浩文さん(ほんとにいろいろな映画で使われてて今の映画界に必要な役者さんですね)
苦労人の新人漫画家中井タクロウ役に 皆川猿時さん(一番最初に打ち切りになるかわいそうな役ですがあったかい人柄が熱のある画面に憩いの画面を作ってました)
ジャンプ編集部編集長役に リリーフランキーさん(落ち着いた冷静な役すてきでした)
サイコーの叔父の漫画家川口太郎役に 宮藤官九郎さん(この人は風貌も役柄も一番ぴったりだったかも、、)

演出もプロジャクションマッピングで躍動感を出したり、エンディングはほんとこの映画に携わった人たちへの愛にあふれてるし よく料金返して、、って思う映画もたまに ありますがこの映画はその逆ですね見なければ損、、だと思います

音楽はサカナクションバンド名だけは知ってましたが 楽曲がみごとに映画を生かしていてすてきな曲でした

監督は「モテキ」の大根監督、何か昔見たことあるものに似てるなーと思ったら 風間君主演ドラマ2006年の「アキハバラ@DEEP」の演出をなさってました 疾走感がおんなじ感じで好きな作風だったので見たかったのかも、、

そして一番のこの映画の私の目当ては編集部の服部哲役の山田孝之さん、、うまかった、、すごかった、、風貌はかなり 原作と一番ギャップがありますが それでも使われたのにはやはり演技力かな、、と 結構エネルギーあふれる役柄が登場人物で多くてもしかしたら みてて疲れちゃう人もいるかもしれないお話ですが 最初は冷静な 事務的な感じでほかの役者さんの熱量を中和させてる感じです 冒頭のサンドイッチ口に放り込みながら汚いデスクで電話を取るしぐさとか、サイコーたちの持ち込み原稿を初めてみるページをめくるしぐさで 興味をもったのを表していく所とか 入選を取った日の宴でそれまでの冷静さを置いといて自分の漫画への熱量を初めて明かす立って話し出す上ずった口調とかサイコー達が書き直した原稿を読むうちに これはものになる、、とふっと口を緩めて笑う顔、、とか、、編集部の廊下で急いで 追いかけてきて 落ち込むサイコー達に 思いやりがあふれる言葉をかける顔とか、、ものすごいうまさ,、みんな出てる人うまいんですが 演じてるんじゃなくてそこにほんとにその人が生きてるみたいな感じは山田孝之さんと 宮藤官九郎さんかな、、

とにかくお勧めの映画です 見てよかった、、、
スポンサーサイト
by ふぁる代  at 12:34 |  いやしの丘徒然日記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ふぁる代

Author:ふぁる代
神奈川県在住女性
自宅でしている アロマ整体院の お仕事
黒パグふぁる代の育児日記
西鎌倉 茅ヶ崎の スポット おいしいお店など
思いつくまま 書いてます

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。