FC2ブログ

入院していた友達が

亡くなりました さっきお通夜に 行ってきました 昭和33年生まれ 早すぎますよね 先週お見舞いに行きましたが 前回よりも 意識が薄く あまり良い状態でなかったので ブログには書きませんでした 今週は 忙しく行かれなかったので また来週顔をみに行こうと思ってましたが、忙しくても 行ってあげればよかった あとでくやんでもしかたないですね お坊さんの ご法話は「桜になぞらえて 散る花も 散らない花も いずれ散る 花びらも散る でも 花がなくなるわけでない それぞれの人の心にまた花を咲かせられる というものでした」死んだ人も死んでない生きてる人もいずれ死ぬのは 同じ、花びらは散っても また芯(死んだ人の心は残って)は残って それぞれの人の心に 故人の 思い出の花を咲かせて 心で 故人は生き続けるみたいなお話でした

いつも笑顔しか思い出せないIさん 同じ職場の方は サザエさんみたいだったって 言ってました さりげないおしゃれで 人をなごませること 人のためになること いつも自然にできる でもとても強いほんの2週間前に 病気について がんばる がんばるって言ってたIさん いつもずっとがんばってたよね えらいよ いつもずーーっとながい間よくがんばったね 友達は お通夜で 泣いてたけど 私は まだ亡くなってしまったことが 信じられなくて 泣くこともできませんでした 

私が シングルで馬力だしてがんばってた時も 今のだんなさまと つきあってることを 話したら「良かったねーそういう人できたんだ」って とても喜んでくれました 私が 一人で戦ってた同じころ Iさんも病気と戦ってた 戦う的は違えど いつもがんばってるIさんに 負けないように いつもはげみに なってました 一緒にすごした長い楽しかった時間 絶対に 忘れない ずっと 私の気持ちにも 他の友達の心にも Iさんは  生き続けると思います お疲れ様 もう体痛くないよね 安らかに、、、
スポンサーサイト



by ふぁる代  at 22:22 |  いやしの丘徒然日記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ふぁる代

Author:ふぁる代
神奈川県在住女性
自宅でしている アロマ整体院の お仕事
黒パグふぁる代の育児日記
西鎌倉 茅ヶ崎の スポット おいしいお店など
思いつくまま 書いてます

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック